×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


更新ページ5302編成 5311編成UP!

編成別
ページ

5301F 5302F 5303F 5304F 5305F 5306F 5307F 5308F 5309F 5310F
5311F 5312F 5313F 5314F 5315F 5316F 5317F 5318F 5319F 5320F
5321F 5322F 5323F 5324F 5325F 5326F 5327F

都営5300形の簡単な解説

※この解説の最終更新日:2014年4月1日

都営5300形は1991年(平成3年)に登場した電車です。
現在の浅草線で唯一の営業用車両です。

2014年4月現在、8両編成が27編成の計216両が在籍しています。
電動車は108両、付随車は108両です。
廃車は発生していません。

外観
--------------------------------------------------------------------------

車体材質はアルミ製です。

車体は、白い車体に赤と茶の帯が巻かれています。
前面には非常用ドアが設けられています。
尾灯や車側灯・急行灯にはLEDが採用されています。行先や種別は3色LEDとなって
います。車体側面は両開きの3扉となっています。
窓は開きます。

全編成にスカートが設置されていますが、初期車と後期車とではスカートの大きさが
異なります。

内装
--------------------------------------------------------------------------

車内はロングシートとなっています。乗務員室直後には座席は設置されていません。
ドア上部にはLED式の車内案内表示器が設置されています。ドアチャイムも設置さて
います。

制御装置
--------------------------------------------------------------------------

制御装置は、GTO素子によるVVVFインバータを採用しました。

現在、全ての車両がソフトウェアの変更がされています。

運用
--------------------------------------------------------------------------

×=エアポート

5300形は浅草線全線で使用されるほか、大師線・堀ノ内〜浦賀を除く京急全線・京成線
(押上〜成田)・北総全線で使用さています。
種別は、普通・×急行・急行・特急・快速・快特・×快特で使用されて
います。
なお、長らくの間、蒲田以南にて日中の運用は有りませんでしたが、2012年のダイヤ
改正でエアポート急行で乗り入れを始めました。

なお、当形式は非常増圧ブレーキの装備など、120km/h運転対応になっていないため、
成田スカイアクセス線に直通しない他、京急線内では快特運用でも110km/hが最高速度
となっています。

その他
--------------------------------------------------------------------------

最終増備車である5327編成は加速性能が上がっています。

エアポート急行誕生後、長らく全編成が×急行に対応していませんでしたが、2010年
10月〜11月頃にかけて順次対応していきました。


←戻る