×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


更新ページ8938編成UP!

編成別
ページ

8918F 8928F 8938F

新京成8900形の簡単な解説

※この解説の最終更新日:2014年4月1日

新京成8900形は1993年(平成5年)に登場した電車です。
新京成では初のステンレス車体です。
8800形が全て6連化された今、新京成唯一の8両編成です。

2014年4月現在、8両編成が3編成の計24両が在籍しています。
電動車は12両、付随車は12両です。
廃車は発生されていません。

外観
--------------------------------------------------------------------------

車体材質はステンレス製です。構造的には京成3700形に近いです。

車体はクリアブルーとルビーレッドの帯が巻かれています。
尾灯はLEDが採用されています。車体側面は両開きの3扉となっています。
窓は開きます。

全編成にスカートが設置されています。

内装
--------------------------------------------------------------------------

車内はロングシートとなっています。
ドア上部にLED式の車内案内表示器が設置されています。ド

制御装置
--------------------------------------------------------------------------

制御装置は、三菱電機製のGTO素子によるVVVFインバータを採用しました。

運用
--------------------------------------------------------------------------

8900形は新京成線内のみの運転となります。


←戻る