×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


更新ページ8801編成UP!

編成別
ページ

8801F 8802F 8803F 8804F 8805F 8806F 8807F 8809F 8810F
8811F 8812F
8813F 8814F 8815F 8816F

上記編成表は6連化前の編成は現存編成および過去の編成は撮影分のみ表記

新京成8800形の簡単な解説

※この解説の最終更新日:2014年4月1日

新京成8800形は1986年(昭和61年)に登場した電車です。
新京成では在籍数が最も多い主力車両です。

2014年4月現在、6両編成が16編成の計96両が在籍しています。
電動車は48両、付随車は48両です。
廃車は発生されていません。

外観
--------------------------------------------------------------------------

車体材質は普通鋼製です。

車体は京成乗り入れ対応車はベージュの車体にマルーンと白の帯が巻かれています。
京成乗り入れ未対応車はベージュの車体に茶色の帯が巻かれています。
尾灯や急行灯(京成乗り入れ対応車のみ)にはLEDが採用されています。車体側面は
両開きの3扉となっています。窓は開きます。

全編成にスカートが設置されています。

内装
--------------------------------------------------------------------------

車内はロングシートとなっています。
ドア上部千鳥配置でLED式の車内案内表示器が設置されています。ドアチャイムも
設置さています。

制御装置
--------------------------------------------------------------------------

制御装置は、三菱電機製のGTO素子によるVVVFインバータを採用しました。

運用
--------------------------------------------------------------------------

8800形は新京成線内と京成千葉線で普通で運転しています。なお、京成線乗り入れ
未対応の編成は新京成線内のみの運転となります。


←戻る