×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


更新ページ3618編成UP!

編成別
ページ

3618F

芝鉄3600形の簡単な解説

※この解説の最終更新日:2014年4月1日

芝鉄3600形は2002年(平成14年)に登場した電車です。
芝鉄唯一の車両で、日中は自社線に帰ってくることはありません。

2009年12月現在、8両編成が1編成の計8両が在籍しています。なお、全ての車両が
京成3600形のリース車両です。
電動車は6両、付随車は2両です。
廃車は発生していません。

なお、2013年3月末日をもって京成に返却されました。

外観
--------------------------------------------------------------------------

車体材質はステンレス製です。

車体は赤と緑の帯が巻かれています。
尾灯にはLEDが採用されています。車体側面は両開きの3扉となっています。
窓は開きます。

内装
--------------------------------------------------------------------------

車内はロングシートとなっています。車内には扇風機も設置されています。

制御装置
--------------------------------------------------------------------------

制御装置は、東洋電機製の界磁チョッパ制御を採用しました。

運用(晩年)
--------------------------------------------------------------------------

※京成3600形を含む。

3600形は主に芝鉄全線の他、京成線・都営浅草線直通の普通・特急・快速・通勤特急・
快特に使用されています。芝鉄全線で見ることができます。なお、運用は京成3600形
8両編成と共通になっています。


←戻る