×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


更新ページ3010編成 3028編成UP!

編成別
ページ

3001F 3002F 3003F 3004F 3005F 3006F 3007F 3008F 3009F 3010F
3011F 3012F 3013F 3014F 3015F 3016F 3017F 3018F 3019F 3020F
3021F 3022F 3023F 3024F 3025F 3026F 3027F 3028F 3029F 3030F
3051F 3052F 3053F 3054F 3055F 3056F

京成3000形の簡単な解説

※この解説の最終更新日:2015年3月25日

京成3000形は2003年(平成15年)に登場した電車です。
現在の京成の主力車両です。

2014年1月現在、8両編成が12編成、6両編成が24編成の計240両が在籍しています。
電動車は168両、付随車は72両です。
廃車は発生していません。

なお、京成の現有車両形式では一番保有数の多い形式となっています。

7次車は3050形の項(下方)をご覧ください。

外観
--------------------------------------------------------------------------

車体材質はステンレス製で、京成グループ標準車体を採用しています。

車体は赤と青の細い帯が巻かれています。
尾灯や車側灯にはLEDが採用されています。車体側面は両開きの3扉となっています。
窓は開きます。

全編成にスカートが設置されています。

内装
--------------------------------------------------------------------------

車内はロングシートとなっています。
ドア上部千鳥配置でLED式の車内案内表示器が設置されています。案内表示器が設置
されていないドア上部には路線図が掲載されています。ドアチャイムも設置さています。
なお、3026編成からはLCD式に変更されました。

制御装置
--------------------------------------------------------------------------

制御装置は、東洋電機製のIGBT素子によるVVVFインバータを採用しました。

フルカラーLED化
--------------------------------------------------------------------------

3000形は製造時は3色LEDを採用していましたが、2009年(平成21年)8月より3002編成を
皮切りにフルカラーLED化工事が行われています。
現在は、全ての車両がフルカラー化されています。

3050形
--------------------------------------------------------------------------

3050形とは、成田スカイアクセスのアクセス特急向けに製造された車両です。
3000形7次車ですが、仕様を変更し、3050番台に区分されたため一般的には3050形と
呼ばれています。なお、8次車以降の3000形は従来通りのカラーリングとなりましたが、
仕様は3050形と同様です。

車体構造は同一で、京成グループ標準車体を採用しています。車体には、太い青の
グラデーションの帯に細い赤い帯1本と細い青い帯3本が入った帯が巻かれています。
水色の部分には青で飛行機の絵が描かれています。なお、扉に帯はありません。

前面は、黒の塗装は窓下あたりで途切れています。それより下は水色で着色されて
います。この水色は急行灯・尾灯の上で丸みを帯びながら途切れています。

種別表示にはフルカラーLED、行き先表示には白色LED、運番表示器にはオレンジ
LEDが採用されています。

電装品が一部変更されましたが、制御装置は同一です。

車内の客用ドア上部にはLCD式の車内案内表示器が設置されています。

運用
--------------------------------------------------------------------------



×=エアポート

3000形は金町線を除く京成全線で使用さているほか、芝鉄線・北総線・都営浅草線・
京急線(羽田空港方面)に直通しています。種別は、普通・×急行・快速・特急・通勤特急
・快速特急(京急線内快特)・×快速・アクセス特急・×快特で使用されています。
詳細は下記の通り。

8両編成は主に自社線内普通・快速・特急・通勤特急・快速特急のほか、芝鉄線・
北総線・都営浅草線・京急線直通(羽田空港方面)の普通・×急行・急行・快速・通勤特急・
快速特急(京急線内快特)・アクセス特急・×快特に使用されています。京成本線・
東成田線・押上線・成田スカイアクセス線(成田空港線)で見ることができます。
なお、7次車は基本的に成田スカイアクセス系統の運用に就き、それ以外8両編成は
本線での運用が基本となりますが、8次車以降は7次車と共通性能のためか、成田スカイ
アクセス系統の運用に就くことも多いです。

6両編成は主に自社線内普通車に使用されている他、芝鉄線・都営浅草線直通列車と
しても使用されています。優等列車で使用されたこともありました。押上線・金町線・
成田空港線を除き京成全線で見ることができます。


←戻る